【厳選10選!】アウトドアブランドの格付けをしてみました!

本サイトのコンテンツには広告を含む場合があります。

やっほー!
こんにちは ちあにーつ(@chianeblog)です!

今回はアウトドアブランドの中でも特に有名かつ品質の良いアウトドアブランドを格付けしていきます!

皆さんがご存じのアウトドアブランドやあまり聞きななじみのないアウトドアブランドまでご紹介していきたいと思います!

この記事を読み終わった頃にはアウトドアブランドの格付け(ランキング)が分かるかと思います!

スポンサーリンク

【厳選10選!】アウトドアブランドの格付けをしてみました!

今回は大きく、品質・値段・デザイン性の3つのポイントで総合的に判断して格付けを行っています。

筆者の独自の基準採点なので、それは違うよなどご意見があればコメントよりお願いします!

①パタゴニア

パタゴニアの得点:27/30
品質10点
値段7点
デザイン性10点

第1位はパタゴニアです!アウトドアブランドと言えば定番中の定番ではないでしょうか?

パタゴニアの服は丈夫に作られているので、洗濯しても型崩れしにくく長く使うことができます。また、通気性も良く、アウトドアをしていても汗で蒸れている感覚がなく快適に過ごすことができます。

値段に関しては、他のアウトドアブランドより少し高いなと感じるところがあるのかなといった印象です。

デザインはパタゴニアの中でも特に有名なレトロXなどオシャレな服が多いです。

アウトドアでもタウンユースでも使えるので1着持っているだけでも快適にオシャレに過ごすことができます。

②アークテリクス

アークテリクスの得点:26/30
品質10点
値段6点
デザイン性10点

第2位はアークテリクスです!比較的若いカナダ発のアウトドアブランドになります!

アークテリクスの服は洗濯機で洗うことのできるものが多くてお手入れがとても楽なのが特徴的ですね。品質・機動性も良く登山時の厳しい環境下でも耐えうる機能を持っています!

値段に関してはちょっと高すぎるなという印象があります。海外では高級店が並ぶ通りにお店を構えているとの情報があり、そりゃ高いよな、、といった感じです。

デザイン性はとてもスタイリッシュで本当にアウトドア用なのか?と思ってしまうくらいカッコいい服ばかりになります!

③コロンビア

コロンビアの得点:25/30
品質9点
値段9点
デザイン性7点

第3位はコロンビアです!以外かもしれませんが品質と値段で高得点をあげました!

アウトドアブランドは基本的にゴアテックスという素材を外部企業から仕入れて、製品を製造しているのですが、コロンビアは自社でオムニテックという素材を作り、比較的値段を抑えて高品質な服を製造しています。

そのため、品質は良いのにも関わらず値段もお手頃で初心者から上級者まで幅広い方に人気があります!

デザイン性も申し分ないのですが、パタゴニアやアークテリクスよりかはちょっと劣るかなという印象です。

④マムート

マムートの得点:24/30
品質10点
値段7点
デザイン性7点

第4位はマムートです!マムートはスイス生まれのアウトドアブランドで、本場アルプスの雪山でも対応することができる品質がとても評価されています。

俗に言うアルピニスト達もマムートの防寒具を使っており信頼の高いことがわかります!

マムートの商品にはハイキング用からタウンユース用まで幅広く販売しているので初心者から上級者まで愛好家が多いです。

余り日本では認知度が他のアウトドアブランドより低いので、他の人と被りたくない方におすすめなのかなと思います!

⑤ノースフェイス

ノースフェイスの得点:23/30
品質9点
値段6点
デザイン性8点

第5位はノースフェイスです!ノースフェイスはパタゴニアに次いで日本でもトップクラスで人気のあるアウトドアブランドですよね!

そんな人気なノースフェイスが5位の理由としては、値段がちょっと高いかなというのが理由になります。

ですが、その値段に合った品質とデザイン性があり、芸能人の方やインフルエンサーの方など多くの有名人に愛されています。

値段が高いのはゴアテックスを使っているのとブランドということで値段が高いのかなと思うのですが、もう少しお求めしやすければ上位にランクインするアウトドアブランドになるかと思います!

⑥モンベル

モンベルの得点:22/30
品質10点
値段8点
デザイン性4点

第6位はモンベルです!モンベルは1975年に日本の大阪で創業された国内最大手のアウトドアブランドになります。

モンベルは値段の割に品質がとても良いアウトドアブランドとして有名なのですが、その代わりと言ってはあれなのですがおじさん臭いおばさんぽいとSNSなどで言われていることでも有名です。

ですが、その理由は全身をモンベルコーデにしたり、ただ単に変な噂が広まってしまったりしているだけなので、そこまで気にしなくていいのですが、モンベルの服の色があまり若者向けなのが少ないことはあるのかなと思います。

そのため、値段と品質は高得点なのですが、デザイン性がちょっと低くなってしまい6位という順位になりました。

⑦ミレー

ミレーの得点:21/30
品質9点
値段5点
デザイン性7点

第6位はミレーです!ミレーは1921年にフランスのサン・フォンで創業されたアウトドアブランドです。

ミレーは1995年にラフマ(フランスの総合アウトドアスポーツメーカー)の傘下に入り経営としてはラフマがしているのですが、ミレーというブランドは残っているという状態になっています。

ミレーは日本ではあまり認知度が低いのかもしれないのですが、長年のノウハウが詰まったアウトドア製品の品質が良くアウトドア好きには人気のあるブランドになっています。

ミレーはちょっと高級アウトドアブランドの部類に入るため値段のところが点数が低く6位という順位になりました。

⑧グレゴリー

グレゴリーの得点:20/30
品質7点
値段7点
デザイン性6点

第8位はグレゴリーです!グレゴリーは1977年にアメリカ・サンディエゴで創業された比較的若いアウトドアブランドになります。

アウトドアではもちろんなのですが、タウンユースにも適したデザインのものが多く、また人間工学に基づいたデザインで人気があります。

グレゴリーのリュックは日常使いでたくさん使っているのにもかかわらず何年も使えるくらい耐久性があることでも有名です!

品質・値段・デザイン性すべてにおいて、まだ他のアウトドアブランドよりは低いのかなということでこの順位になっています。

これからまだまだ成長することができるアウトドアブランドなのかなという印象です。

⑨ロゴス

ロゴスの得点:20/30
品質6点
値段7点
デザイン性7点

第9位はロゴスです!ロゴスは1985年に日本の大阪で創業されたアウトドアブランドになります。

ロゴスのモットーとして「水辺5mから標高800mまで」とあるのですが、キャンプ初心者が気軽に楽しめるのが「水辺5mから標高800mまで」という意味があり、ロゴスは主にキャンプ初心者層をターゲットに商品を販売しています。

そのため、品質の面では低めの6点になっています。

ロゴスの社訓には「創意開発」という言葉があり、「我々は創り出す喜びと先発の優位性を知り、常にフロンティア(新天地)を求めるパイオニア(開拓者)でありたい。」とも書いてあります。

このことから分かる通り、ロゴスの商品には独創性が溢れるものが多いです。

オリジナリティがあるアウトドア用品が欲しい人にはロゴスがとてもおすすめです!

⑩チャムス

チャムスの得点:20/30
品質5点
値段7点
デザイン性8点

第9位はチャムスです!チャムスは1983年にアメリカのユタ州で創業された比較的若いアウトドアブランドになります。

チャムスはファッション性のあるアウトドアブランドで人気があり、カラフルな色合いのアウトドアグッズが多いことでも有名です。

そのためデザイン性の得点が高めなのですが、品質においてはあまり高くないということで点数が低くなっています。

比較的安全なところでアウトドアを楽しみたい方におすすめのアウトドアブランドになります!

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

アウトドアブランドの格付けを品質・値段・デザイン性の観点から格付けを行ってみました。

筆者の主観的な意見が強いため、それは違うでしょってことがあるかもしれないのですが大体あってるのかなとも思ってます。

この格付けを参考にしていただいたアウトドアブランドを選ぶ基準にしてみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました